1. トップページ
  2. > SHIONにっき

SHIONにっき・園からのおたより

SHIONにっき

絞り込み

2017年04月24日 園長のよさみつけコーナー

車の危険から自分の命を守る!

24日、交通安全教室を行いました。
講師は、市交通安全対策協議会の山内さんと宮川さんです。


遊戯室では、山内さんのお話を真剣な眼差しで聞いていました。
幼稚園と小1の飛出し事故がとても多いそうです。
道路を渡るときには、
必ず立ち止まることで命が守れます!


園庭では、歩道や車道に見立てた道路を歩く訓練をしました。
道路を車がふさいでいるときの歩き方も練習しました。


どの子もコースを2周しました。
慣れてきたのか2周目は、大きな声で、
「右よし、左よし、右よし、ありがとう!」
を言うことができました。
横断するとき、ドライバーに声が届くと、より安全に渡れます。
お手伝いくださった母苑会本部役員の皆さん、学級委員の皆さん、ありがとうございました。

2017年04月12日 園長のよさみつけコーナー

ご入園おめでとうございます!

8日、満開の桜を見ながら、入園式を行いました。
今年の年少さんは97名でスタートです。


第一部は、保護者のみの参加です。
理事長は、子苑の前身の県厚生寮からの歴史と教育の3要素を語りました。

「基礎的な生活習慣を身につけること」
「学習の仕方を学ぶこと」
「友達づくりをすること」の3つです。
また、子どもの安全を守るため、
「西側入り口の3つの扉を閉め、5つの錠を確実にかけること」
「バスの乗降時は、特に下のお子さんの安全に気を付けること」
をお願いしました。

園長は、園是(園の方針)と3つの宝物について話しました。
園是は、「わが園は、独創的な幼児教育を通じて、良識ある人格者を育成し、明るい社会の発展に貢献する」です。
「独創的な幼児教育」とは、「SIあそび」や「運動あそび」など園の特色を指します。
「良識ある人格者」とは、「当たり前のことが、当たり前にできる人」のことです。
たとえば3つの宝物です。
「立ち止まって挨拶」「整理整頓・後片付け」「感謝の言葉『ありがとう』」
これらは、先生がお手本になって、習慣になるまで指導します。

母苑会会長さんから、お祝いの言葉をいただきました。


第二部は、いよいよ本日の主役、年少さんの登場。
拍手で入場した後、手遊びや体操など元気に行いました。


最後に、入園をお祝いして、くす玉を割りました。
「子苑第一幼稚園!」「だいすきー!」
子苑の合言葉です。

2017年04月12日 園長のよさみつけコーナー

29年度が始まりました!

7日、29年度がスタートしました。
登園した子ども達は、玄関で名札をつけてもらいました。
何組かな?わくわく、どきどきの表情です。


新しいクラスの仲間と一緒に、一学期の始業式を行いました。
年中さん(123名)と年長さん(97名)、つくしさん(4名)が式に参加しました。
カラー帽子が今年度から新しくなったので、遊戯室はまるでお花畑のよう。
代表のお友達と園長とで、進級をお祝いするくす玉を割りました。


園長は、相棒のホーキー(箒)を紹介して、ものを大切にする話をしました。
長い話でしたが、子ども達は最後までしっかり聞けました。

各学年の担任の先生です。
年長は4クラスです。

年中は5クラスです。

年少は5クラス、つくしは1クラスです。


年度初めは、年中さんや年長さんがお兄さん、お姉さんになって活躍するときです。
「小さいお友達が困っていたり、泣いていたりしたら、どうするかな?」
と尋ねると、
「『どうしたの?』ってこえをかけてあげる!」
「『だいじょうぶだよ。』っていってあげる!」
「きょうしつへつれていってあげる!」
「しょくいんしつへつれていってあげる!」
など意欲満々です。
年少さん、こんな優しいお兄さん、お姉さんが待っています。
心配いらないよ。
  • 子育て支援活動
  • 子苑スポーツセンター
  • 保護者の活動